ゆるゆるループ、ときどきジャンプ。

おじいちゃん猫に音楽と映画そして日々の思いも

映画

猫の日に猫が出ている好きな映画『猫が行方不明』

今日は東北の一部と北海道以外は、5月並みの暖かさのようでしたね。 季節はずれの20℃越えとかうらやましすぎ ( ´ー`).。oO 札幌は昼間の気温がプラスにはなっていたけれど、まだまだ…。 それにしても、一昔前の2月ってもっとずっと寒さが厳しく、1年の中で…

アメリカでは未公開の理由『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』

先日、ウディ・アレン監督作品『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』を観た。 2017年に巻き起こったハリウッド映画プロデューサー(ミラマックス社長)のセクハラ・性的暴行告発の流れから、ウディ・アレンも1992年、当時交際していたミア・ファローの養女(…

デヴィッド・ボウイの歌声が鳴り響く映画『孤独な天使たち』

昨日、デヴィッド・ボウイの誕生日に書いた記事に続き、今日も書きます。 ボウイと呼び捨てにするのもどうかと思いながら、ボウイって愛称のような感覚でずっと呼んでいて… 私の知ってる範囲では、ファンはそうなのではないかと感じています。 yuraneco.com …

映画『ボーダー 二つの世界』とムーミントロール

朝から深々と降り続いていた雪がやみ、おひさまが出てきました。 何かちょっとほっとする。 曇り空で雪のまま、夕方になり暗くなるのは悲しすぎる…。 先月のこと… 『ぼくのエリ 200歳の少女』の原作者ヨン・アイビデ・リンドクビストが原作と脚本を担当した…

映画『バニラ・スカイ』流れる曲たちに気持ちを持っていかれる

先日、映画『バニラ・スカイ』をCSのザ・シネマで観ました。 昔からトム・クルーズにあまり興味がないことと、当時この映画をキッカケにペネロペ・クルスと付き合った… というより、ペネロペ目当てで映画化の権利を得た印象もあり、何だか観る気がしなかった…

ブランドン・リーの遺作クロウ/飛翔伝説

一昨日は全く嬉しくない自分の誕生日でした。 同じ誕生日生まれの有名人がけっこういるのですが、ブルース・リーもそのうちの1人。 そのブルース・リーの息子、ブランドン・リーが主演した映画「クロウ/飛翔伝説」を観ました。 1994年制作 アメリカアレッ…

ひたすら映画を観ています「パラサイト 半地下の家族」

朝からどんより曇り、今日は1日中太陽が見えませんでした。 お昼頃、近所のスーパーに買い物に行こうとしたら雨… これからどんどん気温は下がり、みぞれになっていくでしょう。 経済重視から一転してのGO TO見直し、3連休に入ってからの表明って一足遅い感…

最近観た映画『彼らが本気で編むときは、』

本気で編むって何を編むのかなぁ… 文章?編み物のこと? などと全く前知識のないまま、荻上監督作品という理由だけで観たこの映画― 今までの荻上作品とはある意味、一線を画す作品に仕上がっています。 『彼らが本気で編むときは、』荻上直子監督作品 2017年…

最近観た映画『シャイン』

このトランポリンでジャンプしているシーンは、映画館の予告で観た記憶があり、どうして作品を観る機会がなかったのだろう…と思うほど、なぜだか観た気になっていた作品です。 実在のピアニスト、デイヴィッド・ヘルフゴットの半生を描いた感動作 『シャイン…

昨日観た映画『トーク・トゥ・ハー』

『トーク・トゥ・ハー』(ペドロ・アルモドバル監督 2002年制作/スペイン)を17年ぶりで観ました。 当時、新しくできた新宿タカシマヤタイムズスクエアの中の映画館で観たのですが…17年前とは印象も感想も異なる自分がいます。 ともに愛する女性が昏睡状態…

今週観た映画『ぼくのエリ 200歳の少女』

雪、冬、寒いー三大嫌いなもの…札幌生まれ札幌育ちですが、どうしても好きになれません。 でも、北欧映画は好き。北欧の至宝マッツ・ミケルセンの大ファンです (*>ω<*) (マッツは出演していませんが…)北欧映画の金字塔として名だたるスウェーデン映画―『ぼ…