ゆるゆるループ、ときどきジャンプ。

おじいちゃん猫に音楽と映画そして日々の思いも

大きくなったコリドラス・ステルバイと新たな稚魚たち

ちょっとだけ降った雪が、うっすらと道に残っています。

気温が一日中マイナス気温のため、大きな道路以外は溶けずにそのまま凍ってる感じ。

12月も中旬ですが、雪がなくて本当に楽 ^ ^

…と言っていられるのは、もしかしたら今日までかもしれない。

明日の天気予報は一日中雪マークがついています。

 

うちは相変わらずのコリドラス・ステルバイ産卵ラッシュ。

2週間おきくらいで次々と稚魚が産まれています。

サスガにこれ以上増えると、水槽を新しく立ち上げなければならないため、積極的には卵を見つけないように心がけてはいます。

…が、水換えなどで見つけてしまうんですよねー

水草の裏とかにもうすぐ孵化しそうな卵たちを。

そうすると無視はできず隔離、そしてちっちゃいのが産まれてくるとやっぱ可愛い (;^ω^)

育って大きくなったコを10匹、弟がもらってくれたけれど、今回また20匹以上孵化、総勢50匹超えとなってしまいます。

 

f:id:yuraneco:20201215153100j:plain

最初に産まれたコたち 生後71日目

 

体長は2cmくらいかな、大きいコ小さいコ色々です ^ ^
ナマズ科のお魚らしく、ヒゲも立派になってきました。

 

 

f:id:yuraneco:20201215153921j:plain

生後4日目 ちっちゃ~い!

 

このちっちゃいのが20匹ほどいます ^ ^

 

f:id:yuraneco:20201215154830j:plain

仲良しお父さん&お母さん


左がすっかり怪我の傷も治ったお父さん、右が大きなお母さん。

本当に仲良しでいつも一緒にいます。

 

今、うちには3つの水槽があります。

大人コリドラスとプレコがいる水槽、水草とカラフル系の小魚たちがいる水槽、そしてステルバイ子供たちの水槽。

それに加え、プラケースに隔離した卵、産まれたばかりの稚魚たちは小さなタッパー容器、やや大きくなった稚魚たちはサテライトボックスへ。

 

サテライト・ボックスは本水槽へ外掛けする形で使用しますが、プラケースやタッパー容器は水槽の水の上に浮かべクリップで止めています。

水槽を泳ぐお魚たちを見て癒やされるというより、何だかブリーダーのようになってしまっています私 (;^ω^)

 

熱帯魚は水温をおよそ26℃くらいに保つ必要があるため、冬から春の間はヒーターを使います。

 

 

こういう感じのもので水温を設定し、水槽内に取り付け使います。

これがけっこう電気を消費するため、冬は電気代が跳ね上がる (+_+)

でも、狭い部屋のため、このヒーターが稼働しているとふわっと暖かいのです。

 

f:id:yuraneco:20201215211630j:plain


ずんぐりコタさん、わんこのよう…

たしかに胴体は短め、変わった尻尾の持ち主です (;^ω^)

水槽は幅60cmのコリドラス水槽、コタは全く気にしません。


夕方、火災保険会社から水道凍結防止のショートメールが届いた。

こんなのきたの初めてだけど、急にどうしたんだろう…。

まぁ、今夜は冷え込むってことねー

鉄筋の建物の場合、水道が凍結することはほぼないと言われています。

私は、寒いのと騒音は耐えられないので、札幌では鉄筋以外無理!

なので、1度も凍結を経験したことはありません。

でも、古い戸建てや木造のアパートなどは凍る可能性もあるため、水抜きは必要です。

いよいよ本格的に雪かー、氷点下かー (⋟﹏⋞)

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ