ゆるゆるループ、ときどきジャンプ。

おじいちゃん猫に音楽と映画そして日々の思いも

腰痛改善のための漢方薬「苓姜朮甘湯」(リョウキョウジュツカントウ)

春分の日も過ぎて、ついこないだまで夕方4時なんて真っ暗だったのに、今は6時過ぎてもうっすら明るい。

例年より早い桜開花のニュースを羨ましくながめながら、札幌はまだまだ…

それでも、明後日あたりからやっと10℃前後まで気温が上がりそうで嬉しい限り。


漢方治療の第一人者として知られる先生が開設した病院に、長いこと通院していた。

その病院が昨年閉院…

 

medical-search.net

 

院長先生以外はそれぞれ所属する病院があり、曜日ごとに診察を担当している形だったため、患者さんたちは担当の先生もしくは通いやすい病院へ移動することとなった。

私の担当だった先生の病院は遠く、通うのが難しいため、今まではご縁のなかった先生のところに通うことになったのだけれど…

これが、鍼と漢方薬を用いた東洋医学的治療を行う括りは婦人科だった。

そのため更年期障害や様々な不定愁訴、産婦人科疾患ではなくてもいろいろな科を回って改善しない症状まで…

今回あらためて思ったのが、自分にはうってつけだったなーってこと ^ ^

泌尿器科で処方された薬で頻尿や下腹部痛は改善されてきたけれど、今ひとつ違和感や腰痛が良くならず、先日5ヵ月ぶりでその病院に行って来た。

ちょっとサボっているくらいの気分だったのが、5ヵ月も行ってなかったんだ私 (;^ω^)

処方された漢方薬は苓姜朮甘湯(リョウキョウジュツカントウ)
簡単に言うと身体を温めるものだそうで、できればお湯に溶かして服用した方がいいと薬局で言われ、今回はそうしている。

1日3回、効果があれば2週間くらいでわかるとのこと…

これまたコタのサプリメントと同じだわ。

yuraneco.com

 
コタはサプリを飲んで10日間経過、まだ効果とまではいかないけれど、ちょっといい感じかもしれない。

こたつの上のノートPC前にやたら上がりたがる…
というか上がってしまう (;^ω^)

f:id:yuraneco:20210321215848j:plain

あくびコタちゃん

 

以前は足に負担のかかるそんなことを、わざわざしなかった。

お行儀は悪いけれど、少し動きやすくなっているのかもしれない。

コタの場合はそのままカプセルを飲んでくれるけれど、何度かウエットのごはんに混ぜてみようと、カプセルに穴を開けてみた。

中身はオレンジ色の油そのもので、ものすごい生ぐさく指についたらちょっと躊躇するくらい!

とりあえず続けてみようと思うので、定期購入決定です(ΦωΦ)


そして漢方の病院の後、2ヵ月ぶりで髪を切ってきた。

体調が悪かったため美容室どころではなかったけれど、髪が伸びるのも早い上にショートカットなので、2ヵ月くらいが我慢の限界だ。

前髪とサイドをインナーカラーにして1年ほど経過、のせるカラー(シルバーが好み)の色落ちは早いけれど、ブリーチだけでも自分のニーズは果たせている。

なぜか髪の表面はそうでもないのだけれど、内側の白髪の量は増すばかり (T_T)

それがインナーカラーをすることにより、この白髪がすべてブリーチされごまかせるという一石二鳥な結果は、生え際白髪悩みの突破口となり、もうやめられない。

表面が白髪でいっぱいになる時がきたら、真っ白のボブにするつもりなので、それはそれで楽しみ ^ ^

そういえば美容室でカラーリングをすると、その後2,3日は目が重痒かったり、何かしらのアレルギーのような症状が出るようになってしまった。

きっと何かが合わないのだとは思いながら、頭皮や髪の毛には全く症状はないのが不思議。

今回ブリーチのみでダブルカラーをしなかったら、ややオレンジっぽい金髪状態となり、自分の肌の色味とはあまり馴染まず…

もうちょっと白っぽくなるのを想定していたので、ちょっと失敗しちゃった (;^ω^)


大昔、映画『ラン・ローラ・ラン』の女優さんのようなオレンジ色系の髪色にしてみたことがある。

色自体は可愛く好評だったけれど、自分的には似合っていない色だった。

髪だけではない、服もオレンジ系は私の似合わない色。

そして、パステルカラーも全くもってダメだ。

sp.i-voce.jp


このパーソナルカラー診断では、より細かい8種類に診断され、私はブルベ冬ディープです ^ ^

 

パーソナルカラー診断_診断ページ

こちらは通常の4種類診断、でも質問が11問もあってわかりやすいかも。


子供の頃から可愛らしいパステルカラーや淡い色の服をほぼ着たことがなく、母の趣味で渋い色のものばかり着せられていた。

「100万円あったら何買う?」と聞いたら「洋服買う」と言ったほど、オシャレ好きな人だっただけに、私が着ていた服の色の感じが、今思うとパーソナルカラーに合った色をしっかり選んでいてくれたように思う。

母のおかげもあるのか、私は自分に似合う色似合わない色を無意識のうちに判断し、服や髪色を選んでいる。

似合う色を着る方が顔映りが良いし、より可愛く見えるって絶対思うので、パーソナルカラーは知ってて損はないと思ったりします ^ ^

お読みいただきありがとうございました。


ブログランキング・にほんブログ村へ