ゆるゆるループ、ときどきジャンプ。

猫と一緒に編んだり織ったり、観たり聴いたり…そんな日々を綴っています

MENU

ブランドン・リーの遺作クロウ/飛翔伝説

一昨日は全く嬉しくない自分の誕生日でした。

同じ誕生日生まれの有名人がけっこういるのですが、ブルース・リーもそのうちの1人。

そのブルース・リーの息子、ブランドン・リーが主演した映画「クロウ/飛翔伝説」を観ました。

 

f:id:yuraneco:20201128194553j:plain

 

1994年制作 アメリカ
アレックス・プロヤス監督

原作はコミック。不死身のヒーローが哀しみに満ちた復讐を通して、愛の不滅をうたうダーク・ファンタジー。主演のブルース・リーの息子ブランドン・リーが、撮影中の発砲事故により28歳で死亡、本作が遺作となった。

 

あらすじ

近未来のデトロイト。ハロウィンの前日にあたる10月30日の夜は「デビルズ・ナイト」と呼ばれ、無法者たちが破壊と暴虐の限りを尽くしていた。ある年の10月30日、ロックシンガーのエリックと婚約者シェリーが無法者4人組に惨殺されてしまう。それから1年後。死者の魂を冥界へ導くカラスがエリックの墓をつつき、彼を死から呼び戻す。人間界に蘇ったエリックは、自分とシェリーを殺した一味への復讐を誓う。

(ザ・シネマより)

 

感想

「ダークナイト」のクリストファー・ノーラン監督は、もしかしたらちょっとこの「クロウ」の影響を受けていたのでは…

と個人的には思ってしまうくらい、エリック(ブランドン・リー)はヒース・レジャーのジョーカーを彷彿とさせた。

エリックは、幸せだった頃の記憶と襲われた夜の記憶のフラッシュバックに苦しみながら、復讐相手のみを殺していく。

そして旧知の人にはやさしい、人間の心を持ったままのダーク・ヒーローだけど。

 

物語の大半を陰鬱さ漂う“雨”と“夜”のシーンで構成、色のトーンを全体的におさえ、黒(死と暗闇とカラス)を際立たせた映像がスタイリッシュ。

部屋に残されていた白い猫も美しい。

 

そんなカッコいい世界観なのかと思っていたら、エリックが突然背中にギターをぶら下げていたり、復讐の赤に染まる空の下、ビルの屋上でギターを弾きそれをぶち壊したり、悪役の大元はなぜか日本刀を背負い、それが全然強そうじゃなかったり…

ところどころ狙ったかのようなダサさが、ちょっと恥ずかしい (;^ω^)

とにもかくにもゴシックで退廃的な世界観、ファッションも音楽も全てにおいて、ザ・90's前半の匂いがぷんぷんする映画でした。

 

エリックが墓場から蘇り、殺された部屋で白塗り化粧をしている時に流れ出す音楽ー

すでに知らない曲だったけど声ですぐわかり、テンション上がる~

私の中ではいちばんカッコいいシーン。

 


The Cure. "Burn" music video.

 

キュアーは、メンバーの入れ替わりと音楽性の変遷を繰り返しながら現在まで、40年以上活動しているイギリスのバンドです。

私は80年代前半、キュアーが大好きでした。

ポップで好きな曲がたくさんあるので、また今度紹介したいと思います。

 

キュアーの ♪burnを始め、次々とこの時代のバンドの曲、バイオレント・ファムズやジザメリなどが流れてきて、ある意味90年代ロック映画のようにも感じました。

同年のMTVムーヴィー・アワードでは、ストーン・テンプル・パイロッツによる主題歌「Big Empty」が歌曲賞を受賞。

こちらのMVはアコースティック・ヴァージョン。

 


Big Empty (acoustic) - Stone Temple Pilots

 

この映画の撮影中、空砲で撃たれるはずのシーンで、実際に弾丸が発射されてしまいブランドンは死亡。

殺人説や陰謀説もある中、事故死ということで解明はされています。

映画のエンディングには「ブランドンとエリザに捧ぐ」とクレジットが…。

エリザは婚約者で、撮影後に結婚するはずだったとのこと。

劇中の役柄上、渡された銃で誤射してしまったマイケル・マッシーは、事故がトラウマとなり一生乗り越えられないと語っていました。

そんな思いを抱えながら、数々の映画やドラマに出演し、2016年に病気で他界しています。 

 


The Crow (1994) Official Trailer - Brandon Lee Movie HD

 

もし今もブランドンが生きていたら、きっと大きなハリウッドスターになっていたことでしょう。

ブランドンのアクション・シーンが中心でありながらも、時折見せる繊細な表情がとても印象的な映画です。

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

ひたすら映画を観ています「パラサイト 半地下の家族」

朝からどんより曇り、今日は1日中太陽が見えませんでした。

お昼頃、近所のスーパーに買い物に行こうとしたら雨…

これからどんどん気温は下がり、みぞれになっていくでしょう。

 

経済重視から一転してのGO TO見直し、3連休に入ってからの表明って一足遅い感じが…

札幌の中心部は仕事の人をのぞくと、観光客しか歩いていないのではと思うくらい、人出が少なくなっています。

ニュースや情報番組では、感染者数の増加とその最高人数が更新されることばかりを目にする毎日。

ただただ煽られてる気がするなーと思いながらも、ちょっと喉の調子がおかしかったりすると不安になってきて、日に何度も体温測ってみたり…

何度測っても35度台なんだから大丈夫!って、ほっとしてみたり。

感染者数の数ばかりを追うことより、もっとTVでは伝えるべきことがあるように思います。

 

news.yahoo.co.jp

 

必要以上に気持ちがざわつくので、コロナ関連のニュースはあまり観ないようにしたいところ。

 

私は心穏やかに映画を観ます ^ ^

最近観たのは…

 

 

 パラサイト 半地下の家族

f:id:yuraneco:20201122161903j:plain

2019年制作 ポン・ジュノ監督作品

2019年第72回カンヌ国際映画祭では、韓国映画初となる最高賞パルムドールを受賞。2020年の第77回ゴールデングローブ賞では、外国語映画賞を獲得。92回アカデミー賞ノミネート発表では、作品・監督・脚本・編集・美術・国際長編映画賞の6部門で候補となった。世界中の映画賞で約140の受賞、170以上のノミネートを記録しており、世界的に「世紀の傑作」との評価を受けている。

 

あらすじ

家族4人が失業中で、半地下の住居で暮らすキム一家。彼らの運命は、長男ギウが友人ミニョクの代わりに裕福なパク一家の英語の家庭教師を務めることになったことから大きく動き始める。身分を偽ってパク一家に取り入ったギウは、妹のギジョンを美術の家庭教師として推薦し……。タイトルの通り、貧乏な家族が裕福な家族のParasite(寄生虫)となる物語。

(CINEMOREより抜粋)

 

ちょっとだけ感想

韓国のドラマや音楽に全く興味を持てないという理由だけで、映画までをも遠ざけていた浅はかな私…

「貧困」や「格差」をテーマに現実社会を鋭利に描き、予想を裏切り続ける展開。

くすっと笑ってしまうようなコメディ要素に、いきなりのバイオレンス~ヒューマンドラマまで様々なジャンルを網羅…

そして、画面の構図、見せ方もスタイリッシュなんです。

私の食わず嫌いが見事に払拭された傑作でした。

それにしてもこの家族の見事な変貌ぶり…

こんなに見事に化けられるのなら、何にでもなれるような気すらしてきますが。

 


『パラサイト 半地下の家族』90秒予告

 

ポン・ジュノ監督作品、他の映画も全部観たくなりました。

引き続き「スノーピアサー」を鑑賞。

 

 

スノーピアサー

f:id:yuraneco:20201122180142j:plain

2013年制作  ポン・ジュノ監督作品

欧米のキャストを揃え、初めて手がけた英語作品。

 

あらすじ
2014年、地球温暖化を防止するため78カ国でCW-7と呼ばれる薬品が散布されるが、その結果、地球上は深い雪に覆われ、氷河期が再来してしまう。それから17年後、かろうじて生き延びた人々は「スノーピアサー」と呼ばれる列車の中で暮らし、地球上を移動し続けていた。列車の前方は一握りの上流階級が支配し、贅沢な生活を送る一方、後方車両には貧しい人々がひしめき、厳しい階層社会が形成されていた。そんな中、カーティスと名乗る男が自由を求めて反乱を起こし、前方車両を目指す。

(映画.comより抜粋)

 

ちょっとだけ感想

前方へと続く、各車両の扉の向こうに広がる世界の中、次々と炸裂するアクションに痛みや悲哀を織り交ぜながら進む物語は、最後の結末まで目が釘付け。

ポン・ジュノ監督のエッセンスが加えられ、単なるSF作品の枠を超え、今まで観たことのないタイプの近未来SF作品になっています。

 


映画『スノーピアサー』予告編

 

キャストには好きな女優さんティルダ・スウィントンが♪

「ナルニア国物語」の白い魔女とか、「コンスタンティン」の天使や「ドクター・ストレンジ」の魔術師とか…

人間以外の役の方がしっくりくるティルダさん ^ ^

「スノーピアサー」では、トップの高圧的な女性部下役、でもどこか間抜けな感じで美しさを封印。

 

そして、扉をあけるエンジニア役は「パラサイト 半地下の家族」主演のソン・ガンホです。

役作りなのか、それとも6年の歳月なのか…

同じ役者さんとは全く思えない (;^ω^)

欧米のキャストたちの中ですごい存在感でした。

 

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

最近観た映画『彼らが本気で編むときは、』

本気で編むって何を編むのかなぁ…

文章?編み物のこと?

などと全く前知識のないまま、荻上監督作品という理由だけで観たこの映画―

今までの荻上作品とはある意味、一線を画す作品に仕上がっています。

リンコ、マキオ、トモがピクニックしている

『彼らが本気で編むときは、』
荻上直子監督作品 2017年 日本 

文部科学省選定作品。LGBT先進自治体であり、日本国内で初めて「パートナーシップ証明書」を導入した東京都渋谷区、および渋谷区教育委員会が初の推奨作品に選定。
第67回ベルリン国際映画祭・パノラマ部門正式出品、ジェネレーション部門特別上映作品。ベルリン国際映画祭で日本映画初のテディ審査員特別賞、観客賞(2nd place)をダブル受賞。(wikipediaより)


  • あらすじ

母親が育児放棄、置き去りにされた11歳の少女トモが、叔父マキオ、マキオと同棲している美しく心優しいトランスジェンダーの女性リンコとの新しい〝家族”と触れ合い、自分の居場所と本当の幸せを見つけ出していく物語。

 

  • 家庭のぬくもり

カップ味噌汁とコンビニのおにぎりで、ひとり食事をしていたトモ。食卓を彩る美味しい手料理、生まれて初めてのキャラ弁、髪を可愛く結んでくれること、編み物を教えてくれること…母が与えてくれなかった家庭のぬくもりを初めて知り、自分に愛情を注いでくれるリンコに少しづつ心を開き、絆が生まれていく。

リンコ、マキオ、トモ食事をしている

  • 編み物を編むこと

世間の無理解や偏見から「普通じゃない」と言われてしまうリンコ。でも、そんな悔しいことや悲しいことがあっても、彼女は編み物を編むことで、ネガティブな感情を全部「チャラ」にしていく。

トモが病室で編み物をする


女性部屋への入院というあたりまえのことが、戸籍上は男性ということで拒否され、男性部屋へ入れられてしまうリンコ。その悔しさ、切なさをトモが編み物で吐き出すシーンがとても印象に残っている。

 

  • 108個の煩悩

リンコは何か筒状の物体を次々とひたすら編み続けている。実はそれは、性転換手術で失った自身の男性器の身代わりである。その物体が108個出来上がった時には一斉に燃やして供養をし、自身のある願いを実行に移そうと思っている。

108個の筒状のもの

 

感想

リンコの母親の子供時代のリンコへの向き合い方が素晴らしく、この作品のテーマは「母親が自分の子を理解し十分な愛情を注ぐこと」で、その子もまた我が子に愛情を注げるようになる(リンコのトモへの愛情の注ぎ方)ということ。

それと同時に、トモの母ヒロミ、ヒロミの母(リンコが老人施設で介護をしている女性)の「母娘三代に渡る負の連鎖」と呼ぶべき、厳しい現実も本作では描かれています。

その関係性は完全に崩壊しているかのように見え、実は心が繋がっていることが分かってくるシーンもあり、ちょっと救われます。

彼らが本気で編むときは、

彼らが本気で編むときは、

  • メディア: Prime Video
 

 

本編中、リンコたち3人が仲良く並んで編み物をしているシーンは、何だかシュールでとても可愛らしいの。

リンコの母親がリンコにプレゼントした、毛糸で編んだ中に綿を入れたオッパイ ^ ^
この作品のエッセンスにもなっていますが、これまたとっても可愛く…
編み物好きな方にも、是非観ていただきたい作品です。

荻上直子監督は『かもめホテル』『めがね』『レンタネコ』など、どの作品も独特の世界観と演出が魅力の監督。

また1つ荻上監督の好きな作品が増えました。

 

アマゾンプライムで観ました ^ ^

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

最近観た映画『シャイン』

このトランポリンでジャンプしているシーンは、映画館の予告で観た記憶があり、どうして作品を観る機会がなかったのだろう…
と思うほど、なぜだか観た気になっていた作品です。

f:id:yuraneco:20200704231855j:plain

実在のピアニスト、デイヴィッド・ヘルフゴットの半生を描いた感動作 『シャイン
スコット・ヒックス監督作品 1995年 オーストラリア 


  • あらすじ

デヴィッドは、厳格な父親ピーターから英才教育を受けて育った。父親の反対を押切ってロンドンに留学。コンクールで世界一難しい大曲ラフマニノフの「ピアノ協奏曲第3番」を完璧に弾くが、直後に精神を病んでしまう。

 

  • ラフマニノフの「ピアノ協奏曲第3番」

1本の手に10本の指があるつもりで弾け。ピアノを押さえ込め。演奏は1つ間違えると大怪我をするから気をつけろ。

 


Shine - Rachmaninoff Piano Concerto 3 (HD)

 圧巻の演奏シーン♪

  • 作品冒頭ピアノバーのシーンへ

精神病院を退院し、下宿生活をしているデヴィッド。
雨に濡れながら、ピアノがある閉店したワインバーの扉を叩く。

デヴィッドのことを、突然消えた天才ピアニストと思う人はいない中、誰もが耳を疑うような素晴らしい演奏を披露し、その後の世界は変わる。

 


Shine (1996) - Flight of the Bumblebee


「内なる音楽」は目覚め、一瞬にして周りの空気を変えるシーンがわくわくする ^ ^

バーのお客と一緒に私も、息を飲んで演奏に聴き入ったシーンです。

  • 感想

久しぶりに見応えのある映画に出会えた。

人の魂を揺さぶる音を奏でることのできるアーティストは、自らの身を削ってこの域に達するのだろうか…

精神病院に入院し、ピアノを弾くことを禁じられていた11年もの歳月ー

陰鬱な11年間は彼にとって不幸な出来事ではあったけれど、その後の楽しそうにピアノを弾く姿から、病に倒れる前の繊細で張りつめたデヴィッドの姿はない。

それにしても倒れる前と、ハンディキャップを持つようになった後とでは、そこまで性格の傾向が変貌するのか、ちょっと驚いた。

それが幸か不幸かは言い難いけれど…

リサイタルを成功させた時のデヴィッドの表情が何とも言えず、涙が出た。

 

f:id:yuraneco:20200705103418j:plain

劇中のピアノ演奏をデイヴィッド・ヘルフゴット本人が演奏していることもあり、見応え聴きごたえのある音楽ドラマに仕上がっている。

成人したデヴィッド役のジェフリー・ラッシュが、アカデミー主演男優賞とゴールデングローブでも同じく主演男優賞を獲得した本作品―

私には、青年時代役のノア・テイラーが英国王立音楽学院の教授(サー・ジョン・グールグッドからピアノの指導を受けるシーンがとても印象的。
この映画の見どころの1つでもあると思います。

父親ピーターが亡くなったことにより、子供時代の父親のために弾いていたピアノの呪縛から完全に解き放たれ、さらに未来が開けていくことを暗示させるエンディングまで見応えたっぷり…

もう一度、初めから観てみたい作品です。


Shine (1996) Movie Trailer

 

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

昨日観た映画『トーク・トゥ・ハー』

トーク・トゥ・ハー』(ペドロ・アルモドバル監督 2002年制作/スペイン)を
17年ぶりで観ました。

当時、新しくできた新宿タカシマヤタイムズスクエアの中の映画館で観たのですが…
17年前とは印象も感想も異なる自分がいます。

 

f:id:yuraneco:20200616212631j:plain

 

ともに愛する女性が昏睡状態となってしまった二人の男を主人公に描く
究極の愛の物語


病室のベッドに横たわる若くて美しい女性アリシア。彼女は4年前に交通事故に遭い、以来昏睡状態に陥ったまま一度も目覚めることはなかった。看護士のベニグノは4年間彼女を世話し続けるとともに、決して応えてくれることのない相手に向かって毎日語り続けていた。一方、女闘牛士のリディアもまた競技中の事故で昏睡状態に陥っている。彼女の恋人マルコは突然の事故に動転し悲嘆にくれていた。そんなベニグノとマルコは同じクリニックで顔を合わすうちいつしか言葉を交わすようになり、互いの境遇を語り合う中で次第に友情を深めていくのだったが…

KINENOTEより一部抜粋)


f:id:yuraneco:20200616234833p:plain

 

劇中、看護士のベニグノがアリシアをレイプし妊娠…
その罪に問われ投獄、アリシアのいない世界は耐え難く自殺をする―という展開があるのですが、その真偽のほどは明かされていません。

私にはペニグノがレイプをしたとは思えず(何となく告げ口した男が怪しい)、レイプ犯の汚名を被ったのは、アリシアと交わったのは自分であり、生まれて来る子供は自分の子だと思いたかったからではないのか…
アリシアが何者かに汚されたという現実を、受け入れたくなかったのではないのかと思うのです。

アレモドバル監督の『アタメ』もそうなのですが、ストーカーと純愛との境界線を考えさせられる映画でもあります。

17年前に観た時は、その純愛が痛いほど私の心には響いたけれど、今回はペニグノとマルコの孤独―

女性に依存する2人の男の弱さと哀しさを描いている作品にも見えました。


『オール・アバウト・マイ・マザー』、『ボルヘール<帰郷>』と共にアルモドバル監督の女性賛歌三部作の二作目として発表。

2003年アカデミー賞オリジナル脚本賞ゴールデン・グローブ賞最優秀外国語映画賞ほか多数受賞の作品です。



Hable Con Ella (Talk To Her) - Official Trailer

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

今週観た映画『ぼくのエリ 200歳の少女』

雪、冬、寒いー三大嫌いなもの…
札幌生まれ札幌育ちですが、どうしても好きになれません。

でも、北欧映画は好き。

北欧の至宝マッツ・ミケルセンの大ファンです (*>ω<*)


(マッツは出演していませんが…)
北欧映画の金字塔として名だたるスウェーデン映画―
ぼくのエリ 200歳の少女』(トーマス・アルフレッドソン監督)

 

f:id:yuraneco:20200623234455j:plain


真っ白い雪と、滴る鮮血…
哀しく美しい初恋の物語。



Let the Right One In Official HD Trailer

 

大好きなギレルモ・デル・トロ監督は
「繊細、恐怖、詩的—必見の映画、戦慄の童話」と絶賛。

2008年のスウェーデンアカデミー賞では最優秀監督賞・最優秀撮影賞・最優秀脚本賞・最優秀美術賞・最優秀音楽賞の5冠に輝き、ゴールデングローブ賞英国アカデミー賞の外国語映画部門にもノミネートされるなど数々の興行成績を残した作品です。

 

ダークファンタジー好きのユラには、たまらない作品♪

 

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ